HOME > 会社沿革
昭和5年4月
創業者塩谷巧が、大阪市中津2丁目にアンプル加工業の
塩谷硝子加工所を興す。
昭和20年12月
大阪市中津3丁目に敷地を確保し工場を建設、
塩谷硝子製作所として戦後再興する。
昭和22年9月
大阪市中津3丁目に土地6,435平方mを買収し、
1,790平方mの工場を新設。
塩谷巧の念願であった硝子溶融から加工までの一貫製造を開始する。
これにともない株式会社に組織変更し、
社名を塩谷硝子株式会社に改める。
昭和34年5月
アンプル横型成型機を開発し、同時多数成型方式による飛躍的な量産と品質の向上を実現。アンプル工業の革命として高い評価を受ける。
昭和39年10月
旧西独アンベック社製管瓶自動成型機を購入し、
日本で初めて稼働させる。
昭和46年10月
歯科用カートリッジ製造開始。
昭和49年9月
当社独自の設計による16H型管瓶自動成型機を開発し稼働させる。
昭和50年5月
G・M・P(医薬品の製造および品質管理に関する実践規範)の制定に
基づき、設備全般にわたって改善と新設を完了。
16H型に続き、18H型管瓶自動成型機を開発し稼働させる。
昭和57年11月
富山県砺波市太田に工場用地を確保。
富山工場第一期竣工、操業を開始する。
昭和61年9月
富山工場第二期竣工。
昭和63年10月
関連会社塩谷化成株式会社を設立。
資本金 2,000万円、大阪市淀川区三国本町。
平成元年1月
18H型に続き、新18H型管瓶自動成型機を開発し稼働させる。
平成2年10月
富山工場第三期竣工。
平成5年1月
ドラッグマスターファイルに初認証。以降毎年認証を更新。
平成12年1月
ISO9002 認証・取得。以降、更新を継続する。
平成17年9月
塩谷硝子(マレーシア)を完全子会社化。
資本金 RM4,000,000。
平成18年3月
塩谷硝子(マレーシア)にて ISO9001 認証・取得 (UKAS)。
平成19年7月
プロダクトマスターファイル(PR-MF)に初認証。
以降2年毎に認証を更新。
平成20年8月
富山工場第四期竣工。国内生産拠点を富山工場に集約する。
これにともない、大阪市中津4丁目に本社を移転。
平成22年3月
ISO9001:2008 認証・取得。
平成22年4月
塩谷硝子(マレーシア)にて ISO9001:2008 認証・取得 (UKAS)。
昭和32年当時の管引き風景
昭和34年当時のアンプル工場内風景
昭和40年当時の本社工場
昭和43年当時の管瓶自動成型機
昭和50年当時の18型管瓶自動成型機
昭和57年富山工場操業時写真
平成17年
塩谷硝子(マレーシア)完全子会社化
COPYRIGHT 2010 SHIOTANI GLASS CO., LTD.